メンズ

タイヤ交換をするならローテーションできるタイヤを選ぼう

危険を示すサイン

運転する女性

長年同じタイヤを使い続けていると、ゴムがすり減りそのうちスリップしやすくなります。タイヤにはスリップサインというものがあり、そのラインによって交換するかどうかの判断ができるようになっています。スリップサインが完全に表に出てくる際の溝は1.6mmと法令によって定められています。しかし、そこまで溝が浅くなると雨が降った場合の道路の水を全て排水が出来ずスリップしてしまいます。そのため、事故の確率が急激に高くなってしまいます。また、水かさが増してくると、タイヤが水の上に浮いてしまうハイドロプレーニング現象というのを引き起こしてしまうこともあります。ハイドロプレーニング現象が起きてしまうと、ブレーキが効かないだけではなくハンドルを切っても水の上に浮いてしまっているため、全く効果がありません。そうなってしまうとグリップ力が戻るまではどうすることもできなくなってしまいます。
タイヤは安全運転ができるようにするために定期的な交換をしなければなりません。タイヤを購入したとしても交換するためには、カー用品店かガソリンスタンドなどでタイヤ交換をしてもらう必要があります。タイヤ交換時には交換したタイヤも追加料金にて処分することができるので、その際に廃棄処分してもらいましょう。タイヤ購入をその店舗で行なっていれば、無料で廃棄してくれるところもあります。スリップサインが近くなったり、ある程度溝が浅くなったと思うタイミングでタイヤ交換しておきましょう。完全に使いきって交換しようとすると、その前に事故を起こして取り返しのつかないことになりかねません。定期的にタイヤ交換して安全な運転を心がけましょう。