タイヤ交換

タイヤ交換をするならローテーションできるタイヤを選ぼう

走行で重要なバランス調整

自家用車

タイヤ交換を行なった際にオプションサービスでバランス調整を行なってくれるところがあります。そのバランス調整は安全に走る上で大切なものであり、バランス調整を行わずに走行しているとタイヤが振れて振動することがあります。

もっと見る

危険を示すサイン

運転する女性

タイヤは消耗品であるため、定期的なタイヤ交換が必要になります。溝が減ってきてスリップサインが見えるまでになると、雨の日にスリップしやすくなってしまうので早めに交換しておきましょう。

もっと見る

インチによる料金の違い

タイヤ

タイヤ交換の料金は、車種のインチに左右されます。インチが小さければ小さいほど料金は安くなり、大型車両のような大きなインチの場合には交換料金が倍近くになることもあります。

もっと見る

左右反転できるタイヤ

作業員

道路を走行中に気付かないうちに釘を踏んでいて、突然パンクしてしまうことがあります。その場合は、パンク修理をしてもらうかタイヤ交換をしてもらうことが必要です。パンク修理は一時的なものであるため一度パンクした場合にはタイヤ交換が必要です。また、パンク以外でも空気が漏れる原因は他にもあります。タイヤの劣化によってサイドウォールのヒビなどから空気が漏れやすくなっていたり、ホイールをぶつけてしまってクラックが入ったことが原因で漏れるということもあります。タイヤの劣化であればタイヤ交換をするのみで済みますが、ホイールのクラックの場合はホイールを購入するか、修理専門店にて溶接して直してもらう事が必要です。
タイヤは消耗品ですが、その費用を少しでも安くする方法としてローテーションできるタイヤを購入するという方法があります。ローテーションできないタイヤというのは向きが決まっているので内側部分の消耗が激しいという場合でも、向きを変えて使用するということができません。仮にその状態で装着した場合は、グリップ力が著しく落ちたりすることにもなりかねません。ローテーションできるタイヤであれば、内側が消耗したという場合でも左右を反転させて使うことができるため、最後まで使いきることができます。このようにタイヤの種類によって、2本目を購入しなければならないような場合と1本のタイヤを反転させて使い続ける場合に分かれ、維持費も大きく異なるのです。タイヤ交換をする場合には、そういったことも考慮して購入するタイヤを選ぶことで出費を抑えることができます。